軽自動車のQ&A

軽自動車のベルト交換時期のタイミングや費用、予兆の基準について

 

軽自動車を利用する上では様々なパーツや部品がある程度の年数が経過すると劣化してしまいます。

そのため、交換や修理が必要になります。

車での交換のパーツにはベルトがありますね。

このベルトはファンベルト、Vベルト、タイミングベルトがあります。

 

それぞれ用途は異なるものや含まれているものがあります。

このベルトには「鳴き」と呼ばれる異音が発生することがあり、交換しないといけません。

 

この記事では車のベルトの交換時期のタイミングや費用、予兆の基準について解説します。

 

全国の車修理・整備会社を検索

車業界最大手goo-net(グーネットピット)

 

ファンベルトの交換時期や費用

 

車のファンベルトはエンジンのクランクシャフトの観点が動力をとって自動車を動かすのに必要なエンジン機構を駆動させるベルトです。

エンジン機構

・オルタネータ

・ウォーターポンプ

・エアコンプレッサーなど

本来はラジエーターを冷却するためのファンを回すためのベルトであったからこそファンベルトと呼ばれています。

 

しかし、現在のエンジンは電動ファンが主流のためファンベルトでファンを回している車はほとんどありません

昔ながらの名称がそのまま定着して電動ファンも含めて「ファンベルト」と呼ばれています。

 

このファンベルトが切れてしまうとエンジンの電力供給が止まってしまって走行中に動かなくなり、大事故を起こしてしまうかもしれません

ファンベルトの交換って大事なんですね。
女の子
仙人
大事故になってからでは遅いからの〜早めに交換した方がいいのじゃ!

 

交換時期は3〜5年毎で予兆は鳴きが出る

ファンベルトが「鳴き」と呼ばれる異音が発生したら交換しなくてはいけません。

これが劣化して危険を知らせる予兆でもあります

キュルキュルキュル」という音がするのですぐにわかると思います。

 

この音が鳴るということは亀裂や割れが発生している可能性があるので速やかに確認しましょう。

そのまま放置すると切れてしまうこともあります。

音がなったら危険の証拠なんですね!
女の子
仙人
すぐに確認して交換するのじゃ!

 

異音がしたから交換するというのではなく、一定の走行距離や使用年数で交換した方がいいです。

走行距離:5〜10万km

使用年数:3〜5年

以上が交換の目安です。

仙人
普段から定期点検を怠っていなければファンベルトの交換だけをきにする必要もないので定期点検はちゃんとしておいた方がいいですぞ。

 

軽自動車のファンベルト交換の費用は1万円程度

ファンベルトから異音がしたら整備工場やディーラー、カーショップでファンベルトを見てもらってください。

まずは経年劣化をチェックしてもらい、劣化が原因でないなら張りの調整を行ってもらいましょう。

 

経年劣化が見られてファンベルトを交換する場合は、以下のような費用がかかります。

車種ベルト代作業工賃
軽自動車3,000円程度5,000円程度
普通自動車4,000円程度5,000円程度
大型自動車6,000円程度6,000円程度
仙人
軽自動車のファンベルトの交換は合計で1万円程度の費用になるんじゃよ。
軽自動車は比較的安いんですね!
女の子

 

もちろん車種やメーカーによって金額差がありますので目安程度に思ってください。

 

ファンベルトを交換しても調子が悪いなら調整が必要

ファンベルトを交換しても調子が悪いことが続く場合があります。

ギュルギュル」という異音が聞こえてくるなどの症状が現れます。

 

 

そんな時はファンベルトを調整すれば解消されます

調整を行う場合は整備工場やカーショップに依頼が可能で、調整工費がかかります。

車種調整工費
軽自動車2,500円程度
普通自動車3,000円程度
大型自動車3,500円程度

ベルトの調整は交換時ほどの費用がかからないですね。

こちらもベルト交換同様に車種やメーカーによって金額が異なります。

 

Vベルトの交換時期や費用

 

Vベルトは形状が名前の由来になっているベルトです。

滑車を介して動力を伝えるためのゴム状のベルトで、断面がVの字に見えます

Vベルトはエンジンからウォーターポンプやオルタネーター、エアコンやパワステなどに伝達するための役目があります。

ファンベルトと同じじゃないですか?
女の子
仙人
そうじゃ。ファンベルトとほぼ同じなんじゃよ。

ポイント

ファンベルトとVベルトの違いはほぼありません。

ファンベルトはあくまでも冷却ファンを回すためのベルトであったからファンベルトで、VベルトはV型断面を持ったベルトです。

ファンを回すベルトでもVベルトではない事も多々あります。

Vベルトが伸びたりトラブルが発生するとエンジンの回転がパーツに伝わらないので車の動作が不安定になります。

劣化すると亀裂が入って、最悪の場合は運転中に切れてしまし大事故を起こすかもしれません

そのため、異音が発生したらすぐに確認してくださいね

 

Vベルトの交換時期は3年や5万キロ

Vベルトの交換は異音が発生してからではなく、ある程度の年数や走行距離が目安になります。

この音が鳴ったら早めに交換しないといけません

 

車の様々なパーツというものは摩擦や経年劣化ですり減るのので、ひび割れるケースは仕方ない事なんですね。

特にVベルトはゴム製なので経年劣化は避けられません

仙人
ゴム製は使用しているとは絶対に劣化するんじゃよ。

 

異音を聞いていないとしても走行距離や使用年数を目安に交換しておいた方が安全です。

走行距離:5〜10万km

使用年数:3〜5年

これは新車の購入や、前回の交換からの目安です。

 

Vベルト交換の費用は1万円程度

Vベルトの交換には整備工場やディーラー、カーショップで交換できます。

Vベルト代:5,000円程度

作業工費:5,000円程度

合計で1万程度になります

 

Vベルトでの購入で重要なのは純正品であるかどうかです。

ディーラーの交換では純正品ですが費用は割高です

整備工場やカーショップでは在庫が無い可能性があります。

在庫の事を考えて早めに交換をした方がいいのですね。
女の子
仙人
ディーラーなら確実じゃが、どうせなら安く済ませたいからの〜

 

タイミングベルトの交換時期や費用

 

タイミングベルトは車の運転において非常に重要な部品の一つです。

タイミングベルトの役割は車のエンジンの吸気と排気を司ってます

エンジンが気密性をあげて燃焼効率をあげる為にバルブの開閉を機械的に行っています。

バルブの開閉の「タイミングを合わせる」ために必要なものがタイミングベルトです。

走行中にタイミングベルトは切れるといきなり「バチンッ!!」という音がします。そしてベタベタ♪…とゴムが軽快にリズムよくアスファルトに叩かれる音がします。そうすると減速しながらゆっくり止まってしまい、そこから全く動かなくなるためゾッとします。(体験談)
女の子

 

タイミングベルト交換時期は10万キロで予兆はほぼ無い

タイミングベルトの交換は10万キロと言われています。

しかし、実際の使用条件や経年劣化も考慮して交換時期を見極めないといけません

 

タイミングベルトはエンジン付近の部品なので通常は確認することができません。

その為、タイミングベルトの交換時期や寿命は視覚的には非常にわかりにくいものです

 

しかし、タイミングベルトにも寿命があります。

タイミングベルトの素材はゴムを用いられていますので摩擦や経年劣化で切れる可能性があります。

つまりは、ゴムの寿命がタイミングベルトの寿命という事になります

ゴム製は絶対に劣化するのですよね!
女の子
仙人
その通りじゃ!

 

タイミングベルトはファンベルトやVベルトのように異音がして予兆がでるようなことはそう多くありません。

これはタイミングベルトは歯車がかみ合うようにギザギザになっているベルトだからです。

 

突然切れてしまってエンジンがストップしてしまう事の方が多いでしょう。

もしも異音がすると感じたら本当にタイミングベルトなのか慎重に見極めましょう

 

原則的には異音がする事象が少ない箇所なので消去法で原因箇所を探していく方がいいです。

注意

タイミングベルトはエンジン部分の吸気バルブとシャフトのバランス(開閉)を取ってくれているような位置付けで非常に大事な部品。

切れたり、壊れてから治すという考えは止めたほうが良いです。

なぜなら、エンジンが壊れる可能性がかなり高く何より急に止まってしまうため大事故になる可能性もあるので、速めに交換するほうが良いです。

 

仙人
昔の軽自動車と比べると随分丈夫になったと思うが、できれば車検時の8~9万キロ辺りで取り替えてもらったほうが良いと思うぞ。

 

軽自動車のタイミングベルト交換費用は3万円程度

タイミングベルトを交換するにはタイミングベルト代と作業工賃がかかります。

軽自動車のタイミングベルト代は3,000円前後です

 

普通車の場合は3,000円〜8,000円程度です。

軽自動車のタイミングベルトの作業工費は2万円前後です

 

普通車の場合は2万円台半ばで、排気量の多い普通車では4万円〜6万円程度かかります。

車種ベルト代作業工賃
軽自動車3,000円程度2万円程度
普通自動車3,000円〜8,000円2万円〜6万円
こうしてみると軽自動車は安いですね。
女の子
仙人
比較的に何事にも費用が少ないのが軽自動車の魅力なんじゃよ。

 

タイミングベルトは車検の検査項目にない

タイミングベルトの交換が必要かどうかは車検でわかると思っている方も多いかもしれませんね。

しかし、車検の検査項目にはタイミングベルトがありません

その為、タイミングベルトが切れる寸前であっても車検が通ってしまう事もありえます。

 

車検が通ったのにタイミングベルトが切れて事故を起こしたと考えるとゾッとしますね。
女の子
仙人
車検の検査項目にはなくても交換を進められることはあるんじゃ。

 

軽自動車を持ち込み車検に出すと大体いくらくらいの費用が相場?

  軽自動車の車検の時にその費用を節約しようと持ち込んで行うことができます。 この軽自動車を自分で持ち込んで検査を依頼することをユーザー車検と言います。 つまり「持ち込み車検=ユーザー車検」 ...

続きを見る

車検の検査項目にはタイミングベルトがありませんが、それでも車検のタイミングでタイミングベルトの交換を進めてくることがあります。

多くは実際に交換時期が来ていたり寿命を迎えているパターンです。

言うまでもなく、タイミングベルトを交換しましょう。

 

そうしないと、万が一ずるずると忘れてしまった場合、逆にタイミングベルトが切れてエンジンがイカれクルマが壊れたほうが大損してしまいます。

 

 

また、もう一つまだ交換時期ではないが次の車検までは持たないと言われるパターンもあります。

車検は初回を除くと2年に1回なので、2年以内に寿命を迎える可能性があると伝えてくれるんですね。

 

まだ寿命ではないのならすぐに交換する必要はないのですが、重要な部品なのでよく話しあって適切な判断をしましょう。

 

全国の車修理・整備会社を検索

車業界最大手goo-net(グーネットピット)

 

まとめ

軽自動車の必要なベルトの交換時期やタイミングや費用、予兆について解説しましたがいかがだったでしょうか?

ファンベルトやVベルトは異音がした時が寿命の予兆です

走行中に切れてしまうと大事故を起こすかもしれないので速やかに確認して交換しましょう。

交換の費用はベルト代と作業工賃の合計で1万円程度です

 

エンジンの吸気と排気を司るタイミングベルトと言う非常に重要なパーツがあります。

タイミングベルトはファンベルトやVベルトのような異音を出す予兆がありません

なので見落としてしまうかもしれません。

交換時期は走行距離が10万キロ程度です

その為、一回あるかないかですね。

交換の費用はベルト代と作業工賃の合計で3万円程度です

 

また、タイミングベルトは車検項目にはありません。

車検時に交換を勧めてくることがありますので寿命を迎えている場合は速やかに交換し、まだ大丈夫ならよく話し合って判断しましょう。

 

>>色んな軽自動車の売却額の相場は?

-軽自動車のQ&A

© 2020 軽自動車をできるだけ高く売るためのコツ【指南書】 Powered by AFFINGER5